X-Tech Innovation2022 - 地銀5行共催のビジネスコンテスト

facebook
twitter

NEWS

  • X-Tech Innovation 2022の募集を開始しました。

  • X-Tech Innovation 2022のサイトを公開しました。

開催趣旨

xtech2022 テーマイメージ

「X-Tech Innovation」は、各業界・業種を横断するデジタルテクノロジーを活用した新しいサービスを広く応募するビジネスコンテストです。地場・大手企業とスタートアップ企業とのマッチング機会を提供することで、ビジネスアイデアの事業化に向けたサポートや既存ビジネスへの活用可能性を模索し、地域経済の活性化に貢献してまいります。

北海道銀行、岩手銀行、七十七銀行、ふくおかフィナンシャルグループ、沖縄銀行の5行で共同開催し、日本を横断する地域共創型イベントとして、 既存の枠組みを超えた新しいネットワークの構築とオープンイノベーションの実現を目指してまいります。

コンテスト概要

募集テーマ

全地区 全地区

IT技術の発展や新型コロナウイルスの流行によって、私たちの日常生活や経済・社会は大きく変化し、その多くはデジタルを活用したサービスによって加速されてきました。DXという言葉がトレンドになっているように、これまでデジタル化が進まなかった領域においてもデジタルを活用した新しいビジネス変革が求められています。しかし新たな変革を生み出すには既存の文化や仕組みによって、容易には進まない現状があります。そこで共通テーマでは、これまで当たり前だった社会やビジネスの構造を、デジタル技術を活用してリデザイン(再設計)し、新たな価値を提供するサービスを募集します。

  • 北海道 北海道

    【エリア】北海道地区は広大な土地と冷涼な気候など、他地区とは異なる魅力が存在しています。一方、その魅力が各産業に影響を与えています。
    【課題例】「農業⇒大規模化」、「観光⇒二次交通網」、「物流⇒広域分散」、「地域⇒テレワーク、ワーケーション」等。
    【求める企業・個人】デジタルを活用し、北海道でチャレンジしたい、北海道を軸としたサステナブルな課題解決を実現したい等、北海道・全国そして世界にインタラクティブな影響を与える、スタートアップ企業(個人)のサービスを募集します。

  • 東北 東北

    東北地方では少子高齢化や地域衰退等の地域課題を抱えています。デジタル技術を活用した新事業創出・既存事業高度化の支援や、事業開発に取り組むことにより、多様化する地域課題の解決やその先の更なる成長が期待されます。デジタル技術を最大限活用し、地方創生や市民サービスの向上、生産性の向上等をもたらすことのできる新たなサービス、ビジネスアイディアを募集します。

  • 九州 九州

    あらゆる分野でデータを活用したサービスが普及しており、今やデータは、ビジネスにおける重要な資源になっています。しかし、いまだにデータの経済的な価値化に成功する企業は少数で、今後さらなる発展には、地域や企業規模の大小問わず業界・業種を横断してデータの価値を向上させるサービスが重要となってきます。そこで、九州地区テーマでは、個人の行動や企業活動を支える社会的な基盤となるデータエコノミーを構築し、発展に資するサービス・アイディアを募集します。

  • 沖縄 沖縄

    新型コロナウイルスの影響により、沖縄県経済は大きな打撃を受け、新しい経済の形を構築していくことが必要です。そのためには、アフターコロナを見据えたデジタル技術の活用による新しいサービスが求められています。業界の常識を変える、柔軟な発想でワクワクする未来を創り出す、そのような新たな発想で沖縄の未来に新しい風を起こすサービス、ビジネスアイディアを募集します。

応募要項

参加資格

  • デジタルテクロノロジーを活用し、北海道・東北・九州・沖縄はもとより地域に根ざした企業のビジネスの加速や、地域の生活者・企業にとって有益なサービスを生み出す意欲がある法人・団体・個人 (個人の場合は満18歳以上)。
  • 応募時点でのサービス提供の実績有無は問わない

応募条件

  • 応募時点で提供開始前(構想段階)あるいは提供開始後2年以内のサービス・ビジネスアイディアであること
  • サービス提供開始前の場合、応募時点でサービス/ビジネスアイデアの概要が明らかになっており、2次選考(2022年9月下旬~10月中旬)でサービス/ビジネスアイデアの詳細説明、最終選考(2022年12月)でデモンストレーションができる状態であること

応募方法

以下の応募フォームにて、必要項目を入力の上、ご応募ください。
応募には、①仮登録②本登録の2度必要事項の入力が必要になりますので、 ご注意ください。
応募受付後に主催者より追加での情報提供をお願いする場合がございます。

応募フォームにて、必要項目を入力の上、ご応募ください。
応募受付後に主催者より追加での情報提供をお願いする場合がございます。

表彰・特典

最優秀賞:最も優れたアイデアに対して最優秀賞として
    地区大会
  • 最優秀賞

    最も優れたアイデアに対して最優秀賞として
    賞金50万円

  • 優秀賞

    優れたアイデアに対して優秀賞として
    賞金20万円

  • 協賛企業賞

    上記以外に主催・協賛企業からの賞を予定しています

※北海道地区・東北地区・九州地区・沖縄地区それぞれ表彰・特典を用意しております。

    グランプリファイナル
    (各地区大会の最優秀・優秀賞受賞者)
  • 最優秀賞

    優れたアイデアに対して最優秀賞として
    賞金100万円

  • 優秀賞

    優れたアイデアに対して優秀賞として
    賞金30万円

ゲストパートナー・協賛企業・
サポーターとの
ネットワーキング

最終選考会当日に主催・ゲストパートナー・協賛企業・サポーターを交えた懇親会を開催。
優れたアイデアについては、事業化に向けた協業などを検討させていただく場合がございます。
(事業化・協業・融資を確約するものではありません)

コンテストの流れ・審査方法

  • 1次選考(書類)

    参加登録いただいた情報をもとに、サービス/ビジネスアイデアの内容、もたらされる価値、地場企業のビジネス・地域活性化への貢献可能性、革新性などを総合的に判断

  • 2次選考(面談もしくはオンライン)

    1次選考の観点に加え、サービス/ビジネスアイデアの実現性、発展可能性、事業化に向けた取組み姿勢、動作可能なアプリケーション/モックアップがある場合は操作性などを総合的に判断

  • 最終選考

    コンテスト形式でサービス/ビジネスアイデアの内容・提供価値・特性などをプレゼンテーションいただき、もたらされるベネフィット・革新性・地場企業のビジネス・地域活性化への貢献可能性等を総合的に判断し、各賞の表彰を実施

  • グランプリファイナル

    各地区の最優秀賞、優秀賞受賞者によるプレゼンテーション・デモンストレーションをオープンイノベーション共創拠点「DIAGONAL RUN TOKYO」にて開催

    ※開催時期の状況により最終選考をオンラインで開催する場合があります。

スケジュール

  • 2022年7月1日(金)

    コンテスト参加登録受付開始

  • 2022年8月19日(金)

    コンテスト参加登録締切

  • 2022年9月中旬

    1次選考(書類)結果通知

    • 1次選考通過者には個別に2次選考の日程・場所をお知らせします。
    • 電子メールでの通知を予定しております。
  • 2022年9月下旬〜10月中旬

    2次選考

    • 各エリアにて対面もしくはオンラインでの面談を想定しています。
  • 2022年11月上旬

    2次選考(面談)結果通知

    • 最終選考に向けて、以下をご準備いただきます。
      • 1. プレゼンテーションのスライド(PowerPoint)・画像・動画等
      • 2. サービス/ビジネスアイデアが具体的に理解できる
        アプリケーション/モックアップ等
  • 東北地区  2022年11月29日(火)
    九州地区  2022年12月1日(木)
    沖縄地区  2022年12月6日(火)
    北海道地区 2022年12月8日(木)

    最終選考

    • 実施内容
      • 1. 本コンテスト2次選考通過者によるサービス/ビジネスアイデアのプレゼンテーション・デモンストレーション。
      • 2. 表彰式
      • 3. 参加者懇親会(ネットワーキング:交流会)

    東北地区 :
    日時 2022年11月29日(火)
    詳細な時間は決まり次第発表致します
    場所 詳細は決まり次第特設サイト等で発表します
    九州地区 :
    日時 2022年12月1日(木)
    詳細な時間は決まり次第発表致します
    場所 FFGホール
    福岡市中央区天神2-13-1 
    福岡銀行本店地下
    沖縄地区 :
    日時 2022年12月6日(火)
    詳細な時間は決まり次第発表致します
    場所 タイムスホール
    那覇市久茂地2-2-2 
    タイムスビル3階
    北海道地区:
    日時 2022年12月8日(木)
    詳細な時間は決まり次第発表致します
    場所 道新ホール
    北海道札幌市中央区大通西3丁目 
    道新ビル大通館8階
  • 2023年1月18日(水)

    グランプリファイナル
    各地区最優秀賞、優秀賞受賞者による
    プレゼンテーションを実施

※開催時期の状況により日程・内容が変更になる場合があります(オンライン開催等)。

最終選考審査員

北海道地区

Coming soon

東北地区

Coming soon

九州地区

田中 里沙(たなか りさ)
田中 里沙(たなか りさ)

事業構想大学院大学
学長

広報・広告・マーケティングの専門誌「宣伝会議」編集長、取締役編集室長を経て、2016年より地方創生と新規事業の研究と人材育成を行う、学校法人先端教育機構「事業構想大学院大学」学長。
企業や自治体、他大学との連携による共創、イノベーション、地域デザインのプロジェクト等を企画し、推進する。「クールビス」「育業」ネーミング、東京2020エンブレム、大阪・関西万博キャラクター等審査員のほか、地方制度調査会、社会資本整備審議会、中央環境審議会、財政制度等審議会等の公職を歴任。

前川 英麿(まえかわ ひでまろ)
前川 英麿(まえかわ ひでまろ)

プロトスター株式会社
代表取締役

早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、ベンチャーキャピタルのエヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ㈱(現、大和企業投資㈱、SMBCベンチャーキャピタル㈱)に入社。
その後、常駐の経営再建支援に特化したフロンティア・ターンアラウンド㈱を経て、スローガン㈱に参画。投資事業責任者としてSlogan COENT LLPを設立。16年11月に起業家支援インフラを創るべくプロトスター㈱を創業。その他、サイトビジット社外監査役、ホロラボ社外監査役、東京都 政策目的随意契約認定審査会 外部審査委員、青山学院大学「アントレプレナーシップ概論」非常勤教員、早稲田大学ビジネスファイナンス研究センター招聘研究員などを歴任。

長谷 直達(はせ なおたつ)
長谷 直達(はせ なおたつ)

株式会社Colori 代表取締役/
再春館製薬 社外取締役

株式会社ミクシィに新卒で入社。入社後はSNS「mixi」のプロダクト開発に従事。
2012年6月、プロダクトオーナーに就任し、数百万ユーザーを超えるプロダクトのリニューアルを担当。
2015年1月にミクシィ・リサーチの取締役に就任し、同会社を2016年4月にクロス・マーケティング社へ売却。
2016年8月、株式会社ABEJAに参画
2018年4月、執行役員、2018年11月に取締役に就任し、国内事業を管掌。
2019年6月、ABEJAを退任し、熊本へ移住。
2019年12月、株式会社Coloriを創業。
2022年6月、ブロックチェーンを活用した事業会社、ロココ株式会社を創業。

沖縄地区

Coming soon

Q&A

Q

コンテストへの応募はどのような手続きが必要ですか?

本サイトの【応募要項】の項目をご確認のうえ、応募登録画面からお手続きください。以降のお手続きについては、選考ステップにあわせて主催者側から適宜ご連絡させていただきます。
Q

複数のテーマに応募可能ですか?

複数のテーマに応募可能です。応募登録は各テーマごとに実施してください。
Q

北海道・東北・九州・沖縄を拠点とする企業・居住者でなくても応募できますか?

可能です。ただし、地区ごとの選考になりますので応募の段階で希望の地区それぞれに応募ください。2次選考以降も別途審査を受ける必要があります。
Q

北海道地区、東北地区、九州地区、沖縄地区の全てに応募することは可能ですか?

応募の段階で何れかの地区をお選び頂きます。2次選考が北海道地区へのご応募であれば、2次選考が札幌、オンラインでの面談、最終選考が札幌でのピッチバトルとなります。東北地区へのご応募であれば、仙台・盛岡、オンラインでの面談、最終選考が仙台でのピッチバトルとなります。九州地区へのご応募であれば、福岡、オンラインでの面談、最終選考が福岡でのピッチバトルとなります。沖縄地区へのご応募であれば、沖縄、オンラインでの面談、最終選考が沖縄でのピッチバトルとなります。
Q

海外からの応募も可能ですか?

海外からの応募も可能です。ただし、応募登録・各選考・プレゼンテーションはすべて日本語での実施となります。
Q

学生や起業していない個人でも参加可能ですか?

満18歳以上の方であれば、どなたでも参加可能です。また、現時点で起業されていなくても、応募いただくアイデアを事業化していく意思があることを前提とします。
Q

昨年応募した法人・団体・個人でも再び応募することは可能ですか?

可能です。今年のテーマに沿った形で応募をお願いします。
Q

コンテスト参加にあたり、費用は発生しますか?

応募および各選考・懇親会(最終選考参加者および主催者からのご招待者)への参加は無料です。ただし、参加に関わる一切の費用(交通費・宿泊費・アプリケーション/モックアップ制作費等)は応募者自身の負担となります。
Q

既に販売・提供を開始しているサービスでも応募可能ですか?

コンテストの各テーマに合致し、応募条件を満たすものであれば応募可能です。
Q

発表されている日程で2次選考・最終選考への参加が難しいのですが、応募可能ですか?

応募自体は可能です。2次選考は一定期間のなかで複数の候補日程を用意しますので、ご相談ください。なお、2次選考・最終選考に参加いただけない場合は、受賞対象とならないことを予めご了承ください。
Q

最終選考は観覧が可能ですか?

最終選考にはどなたでもご参加いただけますが、その後の懇親会の参加者は、主催企業からご招待させていただく企業・団体・個人および報道機関の方に限らせていただきます。

主催

  • 北海道銀行
  • 岩手銀行
  • 七十七銀行
  • ふくおかフィナンシャルグループ
  • 沖縄銀行

パートナー

協賛企業(五十音順)

  • アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
  • EY新日本有限責任監査法人
  • エヌ・ティ・ティコミュニケーションズ株式会社
  • GMOペイメントゲートウェイ株式会社
  • 株式会社ジェイコム九州
  • SOMPOひまわり生命
  • 大日本印刷株式会社
  • 株式会社電通国際情報サービス
  • 有限責任監査法人トーマツ
  • 凸版印刷株式会社
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • 野村総合研究所
  • 株式会社 日立製作所
  • BIPROGY株式会社
  • 富士通株式会社

ゲストパートナー(五十音順)

北海道地区
  • 札幌テレビ放送株式会社
  • 株式会社北海道アルバイト情報社
  • 株式会社北海道新聞社
  • 北海道電力株式会社
東北地区
  • カメイ株式会社
  • 東北電力株式会社
  • 株式会社フィッティング・ハブ
九州地区
  • 九州電力株式会社
  • RKB毎日放送株式会社
  • 株式会社QTnet
  • 株式会社テレビ西日本
  • 株式会社西日本新聞社
  • 西日本電信電話株式会社
  • 株式会社福岡放送
  • 三菱UFJ信託銀行
沖縄地区
  • 九州電力株式会社

各地区大会やグランプリファイナルにご参加いただき、
ご登壇企業(スタートアップ)とのマッチングを希望されるゲストパートナーを募集します。


サポーター(五十音順)

  • 株式会社インプレス
  • エンスペース株式会社
  • Open Network Lab HOKKAIDO
  • GAOGAO株式会社
  • 公益財団法人 北九州産業学術推進機構
  • 熊本県
  • 熊本市
  • 札幌・北海道スタートアップ・エコシステム推進協議会
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
  • 一般社団法人Startup GoGo
  • STARTUP CITY SAPPORO
  • 仙台市
  • 公益財団法人仙台市産業振興事業団(仙台市起業支援センターアシ☆スタ)
  • 学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学
  • Tanaakk株式会社
  • 国立大学法人東北大学
  • 東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社
  • 長崎市
  • 株式会社FUNDINNO
  • 一般社団法人Fintech協会
  • FukuokaGrowthNext
  • 福岡県ベンチャービジネス支援協議会
  • 学校法人福岡工業大学
  • 福岡市
  • 株式会社ブロックチェーンハブ
  • プロトスター株式会社
  • 一般社団法人北海道IT推進協会
  • 公益財団法人北海道科学技術総合振興センター
  • 公益財団法人北海道科学技術総合振興センター
  • 一般社団法人北海道商工会議所連合会
  • 公益財団法人 みやぎ産業振興機構

ご応募企業の募集や登壇後のサポートをご協力いただくパートナーを募集します。


X-Tech Innovation 2022事務局

Mail:x-tech2022@ibank.co.jp
facebook
twitter

コンテストに応募

パートナー登録